みずみずしい四季の恵み、おくります。

Farmers Voice
つくり手の声 no.07

子どもへの影響も考え、
15年前から有機栽培を決意

 元々メロン栽培を行っておりましたが、有機野菜の販売の話があがり、化学肥料を使用することでの自分の子供への影響も考えたことから、有機ほうれん草の栽培を始めました。かれこれ15年程経ちますかね。通年新鮮なほうれん草が採れるようにスケジュールをうまく管理しながら日々作業しています。

しっかりと濃い緑色のほうれん草
をつくるための努力

 化学肥料は使わず、甘くてやわらかいほうれん草を栽培できるように、土づくりは一番大切にしています。また、ハウス栽培とはいえ気候の変化に細心の注意を払いながら冬でも換気をしたりして、良い湿度を保つようにしています。おいしいほうれん草を多くの人たちに安心して味わってもらえればと思っています。

体に安心安全の有機野菜を

金沢正一さん

茨城県鉾田市でメロン農家の後継ぎとして育つ。15年ほど前から有機ほうれん草の栽培に切り替え、一年を通して青々として美味しいほうれん草づくりに取り組んでいる。